記事top画像2020 クガイ
超召喚祭限定ユニットの1人である『クガイ』の紹介です。
ステータスや能力を紐解いていきます。


まずは進化と契約のステータスを画像付きで紹介。
ちなみに進化前の姿は省略します。
進化や契約をさせないまま使うこともないと思うので。

進化と契約の総合ステータス

進化 [雅な悪]クガイ
クガイ進化[雅な悪]

リーダースキル 妖かしを率いる姫
戦闘開始から1ターンの間ダメージ無効。
フォーススキル1 妖かしの舞 CT7
味方全体にクイックを1ターン付与する。
1ターン後に発動。
フォーススキル2 死の帳 CT4
HP25%を消費し水属性の166%全体攻撃。
ステータス上昇効果を打ち消す。
特殊能力
闘争本能[強]/麻痺耐性/石化耐性/
[強]アーチャーキラー/光属性キラー
※表のスキルはスキルレベル10(最大)の状態です。

契約 [妖魔の支配者]クガイ
クガイ契約[妖魔の支配者]

リーダースキル 妖かしを統べる艶姫
戦闘開始から1ターンの間ダメージ無効。
フォーススキル1 妖魔降伏の舞 CT7
味方全体にクイックを1ターン付与する。
1ターン後に発動。
フォーススキル2 水面の死相 CT5
HP15%を消費し水属性の156%全体攻撃。
超高確率で沈黙を付与。
特殊能力
闘争本能[強]/麻痺耐性/石化耐性/
[強]アーチャーキラー/光属性キラー
※表のスキルはスキルレベル10(最大)の状態です。


ステータス数値比較表

次はステータスの数値を見ていきましょう。
進化と契約のレベルMAXとハピネスを全て付けた状態のレベルMAXを比較しています。
進化契約
進化・契約LV.MAXLV.MAX
HP70668066
攻撃力25891989
防御力18891889
スピード22092209
進化・契約最大値最大値
HP916610166
攻撃力31992599
防御力24992499
スピード28692869

数値は進化と契約で若干違いますね。
単純に進化は攻撃に、契約はHPに
数値を振っている感じになっています。
どちらもまぁまぁの数値ではありますが
スピードが3000を超えてこないので
厳しく言うと鈍速ユニットではあります。


評価と考察


ではクガイの詳細を掘り下げていきましょう。
進化と契約で別々に考えていきます。

通常進化


まずは通常進化から。

リーダースキルは戦闘開始から
1ターンの間ダメージ無効。
いわゆる無敵状態です。
パーティーのスピードが全体的に
遅めの時などに役に立ちます。


スキル1は味方全体にクイックを1ターン付与。
1ターン後に発動というもの。
味方全体クイックというのは貴重なスキル
あまり見ませんよね。
とはいえ1ターンの付与に対しての
リスクが1ターンのに発動。
うーん…ちょっと使い勝手が悪そうにも…。
ただ本人以外はデメリット無く、
クイックが付くわけですから仕方ないですね。


スキル2はHP25%を消費して
水属性の166%全体攻撃。
さらにステータス上昇効果を打ち消すというもの。

よくあるタイプの全体打ち消し攻撃ですね。
HP25%消費するため乱用には注意
闘争本能をもつため、運が良ければ
このHP消費によりCT短縮にもつながるので
考えながら使用したい。


特殊能力に闘争本能[強]、麻痺耐性、石化耐性、
[強]アーチャーキラー、光属性キラー。

闘争本能により本来のCTよりは
短く感じるかもしれないがありがたいとはいえ
運任せになってしまう能力。
[強]なので使えるはずではある…。

麻痺、石化耐性を持つので完全な動き封じの
状態異常には強い
です。
ただ100%ではないのでそこだけ気を付けましょう。


化クガイのポイントはやはり貴重な全体クイック
これをうまく利用できるパーティーを組みたい。
本人のクイック効果は発動条件的に
あまり期待はできないがそれでも2回
動けるわけですからそのままスキル2を
撃ちこむことも可能ですよね。

水属性でありながら光属性キラーを持つため
火、光の2の属性相手に有利に戦える


ただトータル的に見てやはり使いやすいとは
言えませんね。
自傷デメリットのスキル2がありながら再生や
1の祝福を持たないためクガイ本人が
一番に落ちやすい

回復系ユニットと組ませるのが無難な気がします。

幻獣契約


さて、契約の方です。

契約のリーダースキルは進化と同じく
戦闘開始から1ターンの間ダメージ無効。
闘技場などで相手よりスピードが
劣るときなんかには有効ですね。


スキル1は味方全体にクイックを1ターン付与する。
1ターン後に発動。
こちらも進化と同じスキルになっています。
CTが長いのでCT短縮スキル持ちなんかと
組ませるとクイックの回転率が上がります。


スキル2はHP15%を消費して
水属性の156%全体攻撃。
超高確率で沈黙を付与というスキル。
進化と変わってHPの消費が抑えられていて
追加効果が打ち消しではなく沈黙に。
こちらは超高確率で全体沈黙なので
相手スキルの足止め
に役に立つでしょう。


特殊能力は闘争本能[強]、麻痺耐性、石化耐性
[強]アーチャーキラー、光属性キラー。

進化とまったく同じ特殊能力。
進化同様に自傷スキル2をうまく利用できれば
自身で闘争本能を発動できる。


契約クガイは進化より自傷によるダメージが
抑えられている。
それとHPが進化より高いので生存率は
こちらの方が上だと思います。

さらに打ち消しではなく沈黙付与のスキル2が
結構重宝しそうですね。

とはいえ、根本的な部分は
進化と変わっておらず、若干の力不足は
否めない感じですね。
クガイ単体というよりは組み合わせるユニットで
どうなるのかという感じです。


おすすめはどっち?


個人的には契約

理由としては自傷ダメージが
こちらの方が低いのと
超高確率全体沈黙を私自身
が使えると思ったからです。


おすすめの刻印


おすすめの刻印はスピード

理由は元もスピードが低めなため。
個人的には短所を補うより
長所を伸ばすのが好きなんですが
それにしても他のメリットがない状態での
スピード3000以下は低いと思ったので。


まとめ


クガイというユニットは良くも悪くも
一緒に組むユニット次第ではないかと思います。
単体で見ると万能ではないですし、
超召喚祭限定なはずなのにパッとしません。

回復役やカウントダウンでスキルを発動する
ユニットなどと組む
ことで
クガイが活きてくる気がします。
1ターンのクイックなのでCT短縮代わりに
使うのではなくカウントダウンスキル持ちの
ために使う方がクガイを使った感があります(笑)

というわけでトータルの評価は低いんですが
使い方次第かなと思います。


以上がクガイの評価と考察でした。
参考になればと思います。




ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 ゲームブログへ 
ポチッとしていただけると嬉しいです!