記事top画像2020 イルザ
2020.2.6新ガチャ・少女と刃と始業のベルより
初登場ユニット『イルザ』の紹介です。


まずは進化と契約のステータスを画像付きで紹介。
ちなみに進化前の姿は省略します。
進化や契約をさせないまま使うこともないと思うので。


進化 [必死なる勇姿]イルザ


イルザ進化[必死なる勇姿]

リーダースキル 貴様と取引をしよう
光属性ユニットの攻撃力を40%アップ。
フォーススキル1 サクリファイスドラゴン CT4
敵単体に光属性44%の防御無視7連撃。
超高確率沈黙。スキル後自身に3ターン毒を付与。
フォーススキル2 血の代償と時の加護 CT4
味方全体のHP10%消費し、
味方全体のスキルクールタイムを2ターン短縮する。
特殊能力
闘争本能[強]/追撃
闘争本能キラー/[強]マリーンキラー
※表のスキルはスキルレベル10(最大)の状態です。


契約 [閃光の道標]イルザ


イルザ契約[閃光の道標]

リーダースキル その声に応えよう
光属性ユニットの攻撃力を40%アップ。
フォーススキル1 ガーディアンドラゴン CT1
敵単体に光属性39%の防御無視7連撃。
敵が状態異常なら威力2.0倍。初期CT5。
フォーススキル2 想いに呼応する光刃 CT3
光属性の182%全体攻撃。高確率沈黙。
初期CT5。
特殊能力
2回行動[強]/追撃
闘争本能キラー/[強]マリーンキラー
※表のスキルはスキルレベル10(最大)の状態です。


イルザの数値比較表

次はステータスの数値を見ていきましょう。
進化と契約のレベルMAXとハピネスを全て付けた状態のレベルMAXを比較しています。

進化&契約
進化契約
進化・契約LV.MAXLV.MAX
HP73776377
攻撃力22092599
防御力14991999
スピード25972197
進化・契約最大値最大値
HP101779177
攻撃力31093499
防御力19992499
スピード34973097

数値は進化と契約で違います。
進化はHPとスピード、契約は攻撃に
重きを置いているような数値。

特に進化の方は防御力が低いので
耐久面が気になるところではありますが
どちらも極端に長所、短所の
無い数値かと思います。


イルザの評価と考察


では詳細を掘り下げていきましょう。
進化と契約で別々に考えていきます。

通常進化のイルザ


まずは通常進化から。

リーダースキルは光属性ユニットの
攻撃力を40%アップするスキル。

光属性をメインにパーティーを
組む場合に役に立ちます。
スキル攻撃力ではなく、攻撃力なので
純粋にダメージの底上げができます。


スキル1は敵単体に光属性44%の防御無視7連撃。
さらに超高確率で沈黙を付与します。
スキル後に自身に3ターン毒を付与。

毒というデメリットが付きますが単体に
トータルで308%の攻撃スキル。
単体にこの数値はアタッカーとしては若干
物足りない気がします。
ただ超高確率の沈黙はここぞという時に
役に立ちそう
です。


スキル2は味方全体のHP10%消費しての
味方全体のスキルクールタイムを
2ターン短縮できるというスキル。

全体HPを持っていかれるのは痛いのですが
10%であれば許せる範囲。
全体短縮は貴重なスキルなので
うまく使えば戦いを有利に進められます。


特殊能力には闘争本能[強]、追撃、
闘争本能キラー、[強]マリーンキラー。

スキルのCTがどちらも4なので闘争本能は
役に立ちそう
ですね。

追撃があるのでトドメになるように
イルザに攻撃させれば行動回数が増やせます。


進化のイルザは攻撃とCT短縮というスキルを持つ
バランスの取れたタイプ。
闘争本能と全体CT短縮でスキルの回転率は
割といい
と思います。

スキル1のデメリット、毒の効果で
闘争本能が発動しやすいので両スキルのCT4は
思いのほか長めとは感じない
でしょう。

ただ闘争本能は悪く言えば運に任せる形に
なるのでそこを考慮したうえで使用しましょう。

また、闘争本能に頼るということは
ダメージを受けるということなので
HP管理には気を付けましょう


幻獣契約のイルザ


さて、契約のイルザです。

リーダースキルは光属性ユニットの
攻撃力を40%アップ。
これは進化と同じものです。
純粋な攻撃力に関係してきます。


スキル1は敵単体に光属性39%の防御無視7連撃。
敵が状態異常なら威力2.0倍になります。
初期CTは5です。

初期CT5なため、初動でドカンというわけには
いかないのですが防御無視で
状態異常の時に威力が倍になるので
攻撃スキルとしては強力
です。
CT短縮持ちと組ませたいところですね。


スキル2は光属性の182%全体攻撃。
追加で高確率の沈黙付与。
こちらも初期CT5。

進化と違いどちらのスキルも攻撃タイプ。
全体攻撃で沈黙なので使い勝手の良い、
万能スキル
なんですが
初期CT5というのがまぁ痛手ですね。
その辺を考えないと全く使えない感じになります。


特殊能力は2回行動[強]、追撃
闘争本能キラー、[強]マリーンキラー。

契約では闘争本能ではなく2回行動が付いてます。
ダメージに頼ることなく自身の行動そのものを
増やし、スキルCTが回復していく
といったところ。

ただこちらも運に左右される特殊能力
なるのでなかなか難しい。

闘争本能キラー持ちなのでCTが回復してしまう
厄介な敵をキラーを駆使して真っ先に
倒してしまうという作戦がとれます。


契約イルザは攻撃タイプのユニットです。
ただ単独ではスロースターターという感じ
スピードそのものは遅くないのですが、
スキル二つとも初期CT5ということなので
初動でつまずいてしまうんですよね。

そのため、味方にCT短縮スキル持ちは
必須
かと思います。
そこさえクリアすればなかなかの
攻撃を持つので使えると思います。

まぁクエストでスキル温存しながら
戦ったりする場合は急いでCT短縮しなくても
いいとは思うのですがね。


イルザ進化、契約どっち?


おすすめは進化

全体CT短縮という貴重なスキルを持つため
パーティー全体のスキル回転率を上げられる。

契約は闘争本能を持たないため、
初期CTの件だけでなく、CT5という
両スキルのことを考えると
効率が悪いと思ったので
私は進化をおすすめすることにしました。


イルザにおすすめの刻印


おすすめの刻印はスピード

スピードの数値の底上げ。
進化の場合はサポート的な役割も担うので
イルザ本人のスピードが重要になると
思ってスピードをおすすめしています。


イルザのまとめ


イルザは進化、契約、どちらの場合でも
初期CTに左右されそうなユニット。
このようなユニットはスロースターターで
闘技場のような短期戦には向いていません


逆にクエストは基本3バトル構成で
3バトル目がボス戦といったような感じに
なっているのであまり気にならないかも。

特に進化の全体短縮は現時点では
割と希少なスキル
なので
存分使いたいですね。
パーティー全体のスキル回転率が上がるので
うまくかみ合えば強力なクエスト攻略
パーティーが作れると思います。


以上がイルザの評価と考察でした。
参考になればと思います。




ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 ゲームブログへ 
ポチッとしていただけると嬉しいです!