世界慈しむ翼ガチャ
2019.2/6『世界慈しむ翼』から参戦の新ユニット『セリポス』の紹介です。


まずは進化と契約のステータスを画像付きで紹介。
ちなみに進化前の姿は省略します。
進化や契約をさせないまま使うこともないと思うので。

進化と契約の総合ステータス

進化 [花の微笑]ニーアナンナ
ニーアナンア進化[花の微笑]

リーダースキル おもいでの子守唄
戦闘開始から1ターンの間ダメージ無効。
フォーススキル1 朝露の恵み CT8
味方全体を戦闘不能から復帰し、
HP31%回復。
フォーススキル2 森の民の祈り CT0
HP25%消費し、味方単体の
スキルクールタイムを3ターン短縮する。
特殊能力
円環/石化耐性
※表のスキルはスキルレベル10(最大)の状態です。

契約 [儚き翼]セリポス
セリポス契約[儚き翼]

リーダースキル 忘れ得ぬ愛の唄
戦闘開始から1ターンの間ダメージ無効。
フォーススキル1 水底の旋律 CT8
味方全体を戦闘不能から復帰し、HP31%回復。
フォーススキル2 因果の翼 CT2
味方単体に全ての攻撃を引き付ける。
特殊能力
円環/石化耐性/飛行
※表のスキルはスキルレベル10(最大)の状態です。


ステータス数値比較表

次はステータスの数値を見ていきましょう。
進化と契約のレベルMAXとハピネスを全て付けた状態のレベルMAXを比較しています。

進化・契約
LV.MAX最大値潜在解放
HP60587558---
攻撃力15091809---
防御力19552455---
スピード25953405---

数値は進化と契約で同じ。
全体的にやや低めな感じがします。
スピードだけは高いですがね。
攻撃タイプではないため攻撃力が低いのは問題ないですがHPはもう少し欲しいところです。


評価と考察


ではセリポスの詳細を掘り下げていきましょう。
進化と契約で別々に考えていきます。

通常進化


まずは通常進化から。
リーダースキルは戦闘開始から1ターンの間ダメージ無効。
これは自パーティーのスピードが遅めの場合に使い勝手のいいスキルですね。
闘技場、クエスト共に使い道があります。

スキル1は味方全体を戦闘不能からHP31%で復帰。
全体蘇生というのは割と希少なのでできれば使っていきたいがCTが8という重いスキル。
円環をうまく利用するのがポイントになってきそう。

スキル2はHP25%消費して味方単体のスキルクールタイムを3ターン短縮するというもの。
こちらはCT0なので毎ターン使用可能。
短縮を毎ターン使えるのはありがたいが毎回HP25%消費なのでうまく使わないと
あっという間にやられていしまいます。
が、この性質をうまく利用すれば円環を発動しやすくなるのでスキル1と相性がよさそう。

特殊能力には円環、石化耐性。
スキル説明で出てきた円環を所持しています。
むしろ円環がないとダメなユニットでしょうね。

進化はニーアナンナという名前で天使になる前の姿をしていますね。
能力的には全体蘇生とCT短縮という完全なるサポートタイプ。
全体蘇生は厳しい時の逆転などに使えるがCT8と重いので円環とうまく組み合わせて使いたい。
自身に自動蘇生がかかっている状態でスキル2を連発したり蘇生してもらったりで
円環を最大限に使っていきたいユニット。
逆に円環を使わないのならCT短縮だけのなんてことないユニットになってしまう可能性がある。

幻獣契約


さて、契約の方です。
契約のリーダースキルは戦闘開始から1ターンの間ダメージ無効。
こちらは進化と同じくいわゆる無敵。

スキル1は味方全体を戦闘不能から復帰し、HP31%回復。
こちらも進化と同じ希少な全体蘇生スキル。

スキル2は味方単体に全ての攻撃を引き付ける。
進化のCT短縮とは違い引き付けスキルになっています。
この引き付け、うまく使えば円環発動のための布石になりそう。

特殊能力は円環、石化耐性、飛行。
進化と違う点は天使になったからか飛行が追加されています。

契約は引き付けスキルが特徴ですかね。
自身に引きつけて蘇生を繰り返せば円環でいつでも全体蘇生を使える状態に持っていけますね。
もしくは自分以外のユニットに1人ずつ引き付け、1人になったら全体蘇生という流れもありか?


おすすめはどっち?


個人的には進化がおすすめ。
理由としてはCT短縮はどんな場面でも使う機会があるからかな。


おすすめの刻印


おすすめ刻印はスピード
サポートメインなので速さを求めました。
円環を利用するため耐久力にもさほど力を入れる必要はないでしょう。


まとめ


セリポス(ニーアナンナ)は良くも悪くも円環が全て。
全体蘇生などで特徴はあるものの円環なしで使うには若干物足りない。
なので、私のように円環を使いこなせない方には戦力がいかな?と思います。

以上がセリポスの評価と考察でした。
参考になればと思います。




ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 ゲームブログへ 
ポチッとしていただけると嬉しいです!