ユーリ記事top画像
2018.12/5から参戦の新ユニット『ユーリ』の紹介です。


まずは進化と契約のステータスを画像付きで紹介。
ちなみに進化前の姿は省略します。
進化や契約をさせないまま使うこともないと思うので。

進化と契約の総合ステータス

進化 [落日の剣妃]ユーリ
ユーリ進化[落日の剣妃]

リーダースキル 亡国の剣姫
戦闘開始から1ターンの間ダメージ80%減。
フォーススキル1 デケムブレッザ CT4
敵単体に樹属性36%ダメージの防御無視10連撃。
HP半分以上なら威力1.5倍。
フォーススキル2 受け継がれし剣閃 CT5
樹属性の166%全体攻撃。中確率麻痺。
HP最大なら威力2.0倍。
特殊能力
護法結界/1の祝福[5]/再生/
[強]パラディンキラー/[強]獣キラー
※表のスキルはスキルレベル10(最大)の状態です。

契約 [王の剣]ユーリ
ユーリ契約[王の剣]

リーダースキル 剣聖の誉
戦闘開始から1ターンの間ダメージ80%減。
フォーススキル1 ケトゥムブレッザ CT4
樹属性24%攻撃を16~20回連続攻撃。低確率麻痺。
HP半分以上なら威力1.5倍。初期CT4。
フォーススキル2 対の奥義 CT4
樹属性の166%全体攻撃。中確率麻痺。
HP最大なら威力2.0倍。
特殊能力
護法結界/1の祝福[5]/再生/
[強]パラディンキラー/[強]獣キラー
※表のスキルはスキルレベル10(最大)の状態です。


ステータス数値比較表

次はステータスの数値を見ていきましょう。
進化と契約のレベルMAXとハピネスを全て付けた状態のレベルMAXを比較しています。
LV.MAX最大値
HP60257825
攻撃力25993419
防御力15592079
スピード25933303

数値は攻撃とスピードが3000超えの合格点。
その分HPと防御力にやや不安がありますが特殊能力に
再生と1の祝福があるのでそこまで心配しなくても平気でしょう。


評価と考察


ではユーリの詳細を掘り下げていきましょう。
進化と契約で別々に考えていきます。

通常進化


まずは通常進化から。
リーダースキルは戦闘開始から1ターンの間ダメージ80%減少するというもの。
無敵とは違うので状態異常などの攻撃を防ぐことはできませんが
ダメージそのものを80%カットしてくれるのは大きいですね。
ただ他のリーダースキルと比べてしまうと使い道はあるかな?といったところ。

スキル1は敵単体に樹属性36%のダメージの防御無視10連撃。
HP半分以上なら威力が1.5倍ということで単体に対しての攻撃としてはかなりの威力。
再生を持っているユーリは体力を半分以上にキープしやすいので
威力を上げたスキルを撃ちやすい。
かなり使い勝手の良いスキル攻撃だと思います。

スキル2は樹属性の166%の全体攻撃。追加効果に中確率麻痺。
さらにHPが最大なら威力2.0倍です。
こちらもスキル1同様、体力次第で威力が上がるスキル。
体力がMAXの状態をキープするのは難しいかもしれませんができれば高威力で撃ちたい。
全体攻撃で300%を超える威力のスキルはカウントダウンなどの
デメリットが付いて回るものばかりですから重宝しそうです。
さらにあわよくば敵を麻痺に出きるので2倍攻撃でなくても使えそうなスキルです。

特殊能力には護法結界、1の祝福[5]、再生、[強]パラディンキラー、[強]獣キラー。
まずわかりやすいところで先ほど説明した再生。
体力がスキルの威力に関係してくるユーリには必須能力かもしれませんね。
次に1の祝福ですが単純に一撃必殺の高威力攻撃を喰らっても落とされないので
耐久面も合格といったところ。
さらにパラディン、獣に対してのダブルキラー持ちです。
ここまではおっけーですね。

さて『護法結界』ってなんだ?って感じですね。
護法結界とは…
戦闘開始後、最初のターンを迎える際に自身のHPを全回復+全ての付与効果を解除する能力
です。

単純に言うと、ユーリより先に動く敵がいたとして体力を削ってきたり、
麻痺、石化やデバフなどをかけられたとしてもユーリの最初のターンを迎えた時に
体力は全回復し、状態異常も治っちゃうよってことですよね?
ものすごく強力な能力ですね!
ユーリのスキルにはもってこいですね!
ただ注意点もあります。
バフ効果、つまり自分に有利な数値を上げたりする効果も消えます。
つまり最初のターンにギガバフをつけてドカーンとはいけません。
せっかく体力MAXで威力2倍でもギガバフを使えないので短期決戦で
しょっぱなからガンガンとはいけませんね。
とはいえ、素晴らしい能力であることには変わらないので活用していきたいですね。


幻獣契約


さて、契約の方です。
契約のリーダースキルは戦闘開始から1ターンの間ダメージ80%減。
こちらは進化と変わりませんね。

スキル1は樹属性24%攻撃を16~20回連続攻撃。
回数が増えた分、一発の威力は下がってますね。
でも低確率麻痺が追加されています。
HP半分以上なら威力1.5倍というのは変わりません。
連続攻撃に麻痺が追加されているので足止め役に使える可能性があります。
ただ進化と違う点は初期CTが4なところ。
CT短縮やクイックなどを使って早めに使用できるようにしたいですね。

スキル2は樹属性の166%全体攻撃。中確率麻痺。
HP最大なら威力2.0倍。
こちらは進化と同じく全体攻撃としては優秀なスキルだと思います。

特殊能力は護法結界、1の祝福[5]、再生、[強]パラディンキラー、[強]獣キラー。
こちらも進化とまったく同じ構成ですね。

護法結界の効果は進化の時の説明した通りです。
やはり1の祝福と再生をもつため、耐久面はかなりの強さを誇ると思います。


おすすめはどっち?


個人的には契約がおすすめ。

単純に攻撃重視のアタッカーとして使うのであれば進化がおすすめ。
スキル1の防御無視攻撃は単体に対してかなり強力ですからね。

麻痺を利用し変化球的な使い方をしたいのであれば契約がいいでしょう。
ただ契約のスキル1は初期CT4なのでそこをどうするかがポイントになりそうです。

自分はクエストで使う場合を考えて麻痺を重視して契約をおすすめにしました。
使い方次第でどちらもイケると思います。


おすすめの刻印


おすすめ刻印は攻撃
単純にスキルが攻撃型なので長所を伸ばす感じですね。


まとめ


進化も契約もどちらも使い方次第で大いに活躍できるユニット。
数値以上の耐久性も見ものです。
手に入れた際にはぜひ使ってみたいですね。

以上がユーリの評価と考察でした。
参考になればと思います。




ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 ゲームブログへ 
ポチッとしていただけると嬉しいです!